不安解消!簡単太陽光発電塾!

これで太陽光発電をマスターして安心導入!

不可能ではない自作太陽光発電

Written By: admin

ソーラーパネルを屋根につけなければならなかったり、配線をしたり、パワーコンディショナーなどをつけなければならないことから、一見自作太陽光発電は難しそうに見えますが、ポイントさえ押さえていれば自分で太陽光発電システムを作ることも不可能ではありません。
まず、自分で太陽光発電システムを作るには、当然ながら、それに必要な部品が要ります。
自分で太陽光発電を作るために必要となる主な部品は、、太陽電池パネルと自動車用のバッテリー、AC/DC変換インバーター、チャージコントローラーの四つです。
太陽光発電をするには言うまでもなく太陽電池パネルが必要です。
ここは工事をしてもらう時と同じで、ワット数が大きければ大きいほど発電効率が良いものであるということになります。
また自動車用バッテリーは自作の太陽光発電システムでは、蓄電池の役割を果たします。
その理由は、自作の太陽光発電システムで発電できる電気は弱いため、自動車用のバッテリーにある程度電気を貯めておかなければ、電化製品に使えるようなレベルにならないからです。
またこのとき使う自動車用のバッテリーの種類は、繰り返しの充電や放電に強いディープサイクル対応のバッテリーを使うのが理想です。
そして、自作の太陽光発電システムでは、チャージコントローラーが必要となります。
チャージコントローラーはバッテリーの充電のしすぎを防ぐという重要な役割も担っています。
自動車用のバッテリーは充電しすぎてしまいますと、故障の原因になってしまうばかりか、最悪のケースでは破裂事故の原因になることすらあるのです。
これを防ぐためにもチャージコントローラーで、つねに自動車用のバッテリーの充電量を監視する必要があるのです。
AC/DC変換インバーターは、住宅用太陽光発電のパワーコンディショナーにあたるパーツで、このパーツで太陽光発電で貯めた電気を交流に変換します。
こうして自作の太陽光発電システムを製作しますと、夜間の照明や携帯電話の電源として十分使うことができるようになります。