不安解消!簡単太陽光発電塾!

これで太陽光発電をマスターして安心導入!

太陽光発電で副収入

Written By: admin

太陽光発電をサイドビジネスにしたいという人たちの声に応えるサービスが始まっています。
東京都など、どうしても土地が狭くなりがちな自治体の場合、メガソーラーなどの大規模な太陽光発電システムを作ろうにも土地の確保がとても難しいという現状があります。
そこでこういった自治体は、屋根貸しの促進に力を入れ始めたのです。
これらの自治体が始めた屋根貸しにはすでに35社ほどの会社が登録しており、太陽光発電の販売や施工を手がけている業者もこういった事業に参加しています。
登録されている35社のうち、6社はすでに屋根貸しの実績があります。
東京都は、太陽光発電のために屋根を貸し出したい建物の持ち主を対象にした相談会やセミナーなどを定期的に実施しており、太陽光発電をしたい企業と屋根を貸し出したい建物の持ち主のマッチングを積極的に行っています。
屋根貸しができる建物は、150平方メートル以上の太陽光発電システムを設置できるほどの大きさの屋根があり、かつ、日当たりが良好であることが条件となっています。
また、屋根を貸し出す期間は再生可能エネルギーへの固定価格買取制度に合わせた20年間となっています。
東京都が推進している屋根貸しの促進には、屋根の広い大きな建物の持ち主しか参加できないという難点がありますが、小さな住宅しか持っていない人たちにも、太陽光発電の屋根貸しのサイドビジネスができるチャンスがあります。
最近は、住宅の屋根を貸したい人と、住宅の屋根を借りたい太陽光発電の事業者とのマッチングのサービスを行う業者も登場してきています。
太陽光発電を行うためには基本的に広い土地が必要となりますが、国土が狭い日本では、広い土地がなかなか確保できないのが現状です。
そこで、太陽光発電の事業者は、太陽光発電に必要な専用の土地を設ける代わりに、一般の人たちの住宅や病院、お店、公共施設やショッピングセンター、介護福祉施設等などの屋根を有効活用することに注目し始めたのです。
この太陽光発電の屋根貸しでは、太陽光発電システムを設置する代金など、屋根を貸す建物の持ち主には一切金銭的な負担が掛からないのが大きなメリットとなっています。

群馬の注文住宅
群馬(前橋市・高崎市)にて、漆喰や無垢材を使った施工を行っております。