不安解消!簡単太陽光発電塾!

これで太陽光発電をマスターして安心導入!

太陽光発電システムの重要部品であるソーラーパネルとは。

住宅用として市販されている太陽光発電システムは、光エネルギーを電気に変換する半導体素子を組み合わせて強化ガラスでパッケージ化したソーラーパネルと、ソーラーパネルが発電する直流電流を家庭内の家電製品で使用できるように交流電流に変換する部材、電力会社との接続に必要な周辺機器等により構成されています。
ソーラーパネルは光エネルギーから電気を作り出す装置で、内部に取り付けられる半導体素子はシリコンか金属化合物の2種類に大きく分類できるでしょう。
八王子市で設置されている住宅用太陽光発電システムは、シリコンを使った半導体素子のソーラーパネルが70パーセント近くを占めており、シリコン系半導体素子が主流となっています。
ソーラーパネルは別名太陽電池装置とも呼ばれていますが、太陽光がパネル表面に当たったときに内部の半導体素子が反応し、太陽からの光エネルギーの強さに応じて発電量が増減します。
太陽電池というものの電気を蓄える能力はありません。